忍者ブログ

東陽町ブログ

江東区での2020年オリンピックも決定し、豊洲と住吉を結ぶ地下鉄8号線の完成も間近!?そんな目覚ましい発展を遂げそうな東陽町のこと、いろいろ教えてください(^o^)

ミシュランガイドに麻婆まぜそばが初登場! 東陽町「らぁ麺 やまぐち 辣式」!

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。11月に発表された「ミシュランガイド東京2017」。巣鴨の「蔦」、大塚の「鳴龍」が一つ星を獲得して話題となったが、今年ビブグルマン(星は付かないが5000円以下で楽しめるコストパフォーマンスの高いお店)を2つ獲得しているお店がある。「らぁ麺 やまぐち」だ。早稲田の1号店に続き、東陽町の2号店「やまぐち 辣式」までもがビブグルマンに輝いた。「麻婆まぜそば」という新たなジャンルで切り込み、開店1年でミシュランに食い込んだ。

一枚目の写真は「パクチー麻婆まぜそば」。具は角切りチャーシュー、ネギ麻婆餡、糸唐辛子、パクチー。上に山椒がかかる。麺の下には麻辣が敷かれている。麺は中力粉を程よくブレンドした極太麺。まずはよく混ぜる。山椒の香りが心地よい。店主の山口さんが辛いもの好きなことがよく伝わってくる味。昨日今日で作ったものではないのがよく分かる。麻辣は3種類の唐辛子に、様々な香辛料で作った老油、山椒を加え、本格的な痺れを再現。麻婆餡には四川の最高級豆板醤を使用。辛さと痺れでビリッとしながらも、爽快な後味が口に残る。モタっとした餡は極太麺によく絡み、最後の一口まで美味しくいただける。パクチーはパクチー好きなら必須。山椒とともに更なる爽快感を演出してくれる。

このお店は塩らぁ麺と麻婆まぜそばの2枚看板だが、塩だけではなく麻婆も含めての受賞だという。「ミシュランガイド東京2015」でラーメン部門が新設された頃はいわゆる清湯系の醤油ラーメン中心だったが、3年目となり、方向性もだいぶ変わってきたと感じる。もちろん嬉しい方向性。この手のまぜそばは一見流行りそうだが、このレベルまで持っていくのは並大抵ではないと思う。元々ラーメン食べ歩きが趣味だった山口さんのなせる技。流石の一杯だ。
るるぶ.com


 


大黒食品 DAIKOKU うま辛 麻辣麺

拍手[0回]

PR

東陽町で「建築家×家具職人」展 建築家・中村好文さんと「相棒」の仕事公開

竹中工務店東京本店(江東区新砂11階にある「GALLERY A4(ギャラリーエークワッド)」(TEL 03-6660-6011)で1214日、「中村好文×横山浩司・奥田忠彦・金澤知之 建築家×家具職人 コラボレーション展 at the A4」が始まった。

クライアントの暮らしに寄り添った、居心地のよい住宅を造ることに定評のある建築家・中村好文さん。同展では、中村さんが「住宅設計」と共に力を入れている「家具デザイン」において、「相棒」とも呼べる3人の家具職人と共同制作で生まれた住宅用の家具を展示する。製作過程を垣間見られるようなドキュメンタリー映像や図面・スケッチ、それぞれの愛用の道具なども展示している。

中村さんは「3人とはそれぞれ30年前後の付き合い。『こういうものを作りたい』と要望を出して、スケッチや図面を書いたりしながら、材料は何を使うか、ジョイント部分はどうするかと会話を重ね、今までなかったものを、新しい考え方を、と挑戦している。3人の技術に全幅の信頼を置いている。人間としての相性も良いと思う」と話す。木工職人の奥田忠彦さんは「中村さんは職人を横に見てくれる人。フラットに意見を出し合い製作を進めている」と話す。

会場を大きく占めるのは、中央に設けられた空間。壁面には今まで4者で取り交わされたスケッチやメモを飾っている。中をのぞくと、「生活をよりイメージできるように」と住宅に欠かせない木製のキッチン家具が展示されている。 

「普通はキッチンでは合板を使うことが主流だが、ムク材でできないかと、中村さんとあれこれ考えた。ムク材は反ったりなど暴れやすい木が多いが、良い材料も見つかった」と奥田さん。当初、脚と脚の間を長く取っても、本体はたわまずに済むと考えられていたが、最終段階で急きょ下部に補強材を入れたという。 

中村さんは「自分が作っているのは『生活の入れ物』。 住む人の生活が映えるもの。 時間がたって味わいを増すもの。だから作品を作っているわけではない」、 奥田さんは「図面から図面以上のものを感じ取り、デザイナーが望む機能を生み出す。これからも自分が持っている技術の幅を広げ、 望むものを作れるようになりたい」と話す。 

江東経済新聞




小さな家のつくり方: 女性建築家が考えた66の空間アイデア

拍手[0回]


東陽町のギャラリーで「美の壺」展 放映10周年を記念して

竹中工務店東京本店(江東区新砂1)1階にある「GALLERY A4(ギャラリーエークワッド)」(TEL 03-6660-6011)で5月25日、「『美の壺』 和モダン・暮らしと憧れ展」が始まった。

NHK BSプレミアムで放映中の番組「美の壺」。「アート観賞マニュアル」として、暮らしに根づいた美を追究する番組として人気を博している。今回、放送10周年を迎え、「今までの映像コンテンツを何らかの形で立体にしたい」とNHKスタッフから同ギャラリーに打診があったことから開催が実現した。

「367ファイルと膨大なコンテンツをどう展示するかが難しかったが、このギャラリーのテーマである『建築』や『暮らし』に特に注目した」と副館長の岡部三知代さん。会場には同番組の年表や、カテゴリー分けされた展示タペストリーが揺れる。

圧巻の展示は「File162 昭和レトロの家」から「和モダンな暮らし」の再現として、練馬区に現存する1934(昭和9)年築造の日本家屋「佐々木邸」の同寸模型。客人を迎える洋間と家族がくつろぐ和室という、当時の憧れであり昭和期に広まった住宅様式を見ることができる。岡部さんは「NHKのスタッフが製作した。建具は本物だが、そのほとんどがフェイクで、経年を醸し出すエイジングなどさすがの仕上がり。番組制作の視点が生かされ、空間の切り取り方が大胆で面白い見せ方をしている」と話す。

「憧れ」という切り口では「工芸」の世界に触れる。日本独自の発展を遂げた「切子」や、さまざまな木を巧みに組み合わせる「寄木細工」、明治以降、皇族の祝宴の記念品として贈答されてきた菓子器「ボンボニエール」などを展示。精緻な美しさを表現する。

岡部さんは「ぜひ佐々木邸の縁側に座って、懐かしさと当時の人が感じた憧れに思いをはせてもらいたい」と話す。

開館時間は10時~18時(最終日は17時)。土曜・日曜・祝日休館。入場無料。(江東経済新聞)

 
東京都江東区新砂1−1−1
電話:03-6810-5000


竹中工務店のディテール

拍手[0回]


龍昇で麻辣刀削麺

散歩がてら、千石まで歩き、四つ目通りの小さな中国料理屋さん「龍昇」でランチしました。
利用するのは二度目です。

昼時はとうに過ぎた時間なのに、店内はほぼ満席でした。
人気のお店みたいです。

刀削麺のメニューもなかなか充実していましたが、やはりそこは麻辣刀削麺で。

見た目は小ぶりですが、中身は充実してました。

それほど辛いわけではないですが、それでも後から辛さがじんわり沁みてくる感じが、もしかすると麻辣刀削麺の初心者にも好評な理由なのかもしれないですね。

 
東京都江東区千石2丁目2−18 中山ビル 1F
電話:03-6666-6228


麻辣ピーナッツ 花山椒多め

拍手[0回]


フォルクスで海老と菜の花のジェノベーゼ

休日の東陽町イースト21はかなり賑わってます。

というよりも、やはり、最近は東陽町全体に人が多くなったような気がします。
去年と比較しても雲泥の差。

アベノミクスが功を奏して景気が上向いてきた、ということでしょうか。

ということで、もちろんフォルクスも非常に混雑してました。
家族連れだらけ。

フォルクスって、さほどリーズナブルではないのに、これだけ集客できるのは、メニューに魅力があるからでしょうね。

サラダやスープが食べ放題という点も高評価。
とくにポタージュスープはポイントが高いですね。

今回は、海老と菜の花のジェノベーゼをオーダー。
見るからに美味しそうなパスタ。

じっさいに美味しかったです。

 
東京都江東区東陽6丁目3−2
電話:03-5632-6588



成城石井 大分産バジル使用ジェノベーゼペースト

拍手[0回]


丸味屋でカツカレー

東陽町で一二を争う中華食堂といえば丸味屋。

通りがかるたびに、いつもサラリーマンなどで賑わっているのを目にしますが、じつはお店に入るのは初めて。

どうしてなのかわかりませんが、ついに入ってみました。


お昼時を過ぎた時間だったので、かなり空いてました。
意外に広い店内。

壁には一面メニューが展示してあります。

日替わり定食はカツカレー。
550円。
スープ付き。

正直なところ、味の方はそれほど期待していませんでしたが、なかなかどうして。
カツもいい感じでした。

 
東京都江東区東陽4丁目6−17 T・Sビル 1F
電話:03-5690-3174


専門店仕様カツカレー用カレーソース

拍手[0回]


タンメンともちもちギョーザの一体感?!「タンギョー」

5月23日放送の「ワイド!スクランブル第2部」(テレビ朝日系、午後12時30分~)では、江東区東陽町で大ブームとなっている「タンギョー」を特集。テレビ朝日アナウンサー・久保田直子さんが「来々軒」(東京都江東区)を訪れた。

 
東京メトロ東西線木場駅より徒歩5分ほどの同店は、噂の「タンギョー」の発祥とも言われている中華料理店。1日に提供される餃子の数は300皿超えという人気店だ。皮が厚めでジューシーと、常連客からの信頼も厚い。
米酢とコショウでさっぱりと頂くのが特徴の「ギョーザ」を食した久保田さんは「おいしっ!皮がもっちもち!野菜の甘みがしっかりありますね」「米酢がお肉と野菜の甘みをしっかり際立ててる」と絶賛。続いて「タンメン」を口に運んで「餃子との一体感がありますね!」と、再度びっくりの久保田さん。

餡に卵を加えることによって肉汁のうま味を閉じ込め、肉と野菜をまろやかにまとめている餃子は、モチモチ感を出すため皮に餅米を使用しているのもポイント。そして、タンメンに使うスープで餃子を煮込んでからラードを使ってカリカリに焼き上げることによって一層モチモチになる。タンメンとの一体感はまさにここから生まれている。
先代から味を受け継ぎ、人気店となったこちらの「タンメン」と「ギョーザ」は、ぜひセットの「タンギョー」(1180円/税込み)でオーダーし、その一体感を味わいたい。(マイナビニュース)


東京都江東区 東陽3丁目21−4 ライオンズマンション東陽2
電話:03-6458-6368


日清麺職人 塩タンメン 12個入

拍手[0回]


白眉は初代の終焉の地である南砂町の章...

川端康成と伊藤初代 初恋の真実を追って(求龍堂・2808円)

ノーベル文学賞作家、川端康成(1899〜1972年)が激しく恋して婚約したものの、別れを告げられた伊藤初代(06〜51年)。初代は初期作品群のモデルとなり、繰り返し登場する。「悲痛な破婚ゆえに川端は作家になれた。不可解な運命を糧として、書くことで立ち直っていくのです」。本書は川端と初代ゆかりの地を歩いて取材し、手紙や小説の引用を多数交えながら2人の別れの謎と、その後の歩みをたどる長編紀行エッセーだ。
 著者は川端康成記念会理事で展覧会プロデューサー。写真家でもある。現在、絵画や彫刻の「川端コレクション」展を全国巡回させている(6月19日まで・東京ステーションギャラリー)。「『篝火(かがりび)』『非常』といった小説では、初代の手紙を抜粋して使っています。そこで、川端が送った手紙を探し始めたのが執筆のきっかけです」。収録した図版約320点のうち、約100点は自ら撮影した風景やスナップ写真だ。
 初代は働いていた東京のカフェで川端に見初められ、後に岐阜県の寺の養女となった。川端は婚約するが、21年秋に<私にはある非常が有るのです><其(そ)の非常を話すくらいなら死んだ方が>などと別れを通告する手紙を受け取る。
 著者は初代の子息に会えた。すると、母が川端と縁を切った「非常」の驚くべき内容を話してくれた。「ただ、伝聞であって、初代さんがうそをついた可能性もある。真実を探す旅を書き留めたのがこの本です」。川端も初代も、親の情愛に恵まれず孤児のような育ちだ。岐阜や島根、福島。取材相手の時に重い口に耳を澄ませつつ推理する。著者自身の深い喪失体験も織り交ぜ、思索を巡らせる。
 白眉(はくび)は、初代の終焉(しゅうえん)の地である東京・南砂町の章だろうか。同行した子息は、母と暮らした場所に立つ。近所の人々は60年以上前の一家のことを覚えていた。<人情に篤(あつ)い下町だ、いつまでも話が弾んだ>。苦労を重ねた、華のあるたくましい無名の女性が、図らずも川端を大作家にし、そして今も小説の中で生き続けている。その縁の妙にうたれるではないか。「本書が川端文学を読み直すきっかけになればうれしいです」

拍手[0回]


やまや 東陽町店で鳥天ランチ

辛子明太子で有名な「やまや」。
東陽町店では食事もできます。

博多もつ鍋も名物のようですが、初めてランチを食べました。

本日は鳥天。
大分名物らしいです。

なかなか美味しかったです。
しかし、やはりお店のウリというか人気の秘密としては、辛子明太子の食べ放題ということなのでしょうね。

小さな陶器に入っている辛子明太子、美味しいみたいです。

残念ながら、明太子が食べられないので、その代わりに高菜をたくさんいただきました。

飲食スペースはそれほど広くなく、なので売り場スペースには、絶えず行列ができていました。

 
東京都江東区東陽3丁目24−18
電話:03-5665-4154


やまや 無着色辛子明太子 450g

拍手[0回]


麺徳で味噌ラーメン

ラーメンの激戦区でもある東陽町で、最も好きなラーメンのひとつに挙げられるというラーメン麺徳。

そのあまりのボリュームから、一部のラーメン好きの人たちのでは二郎系とも言われるほど。
だから、それほど頻繁に食べるというわけにもいかないのが正直なところ。

とはいえ、随分と食べていないような気もしていたので、久々に食べてみることに。

過去の記事

記憶を辿ってみたら、去年の1月でしたね。
それほど久々でもないかも。

しかし、その間にメニューには味噌ラーメンが登場していました。
たしか以前はなかったような。

少し躊躇したものの、味噌ラーメン好きとしては、一度は食べてみないとと思い。

どうでしょうね。

見た目には紛れもなく以前からの麺徳ラーメンですが、スープの味がやや薄いような気も。
味噌スープにしたからなのか、はたまた事前に濃くしてもらうように店員さんに申告すべきだったのか。

結局は、半分まで食べたあたりで、テーブルに添えられている四川豆板醤のような調味料を足してしまったのだけど。

近々にもう一度行って確認してみる必要がありそうですね。


ラーメン麺徳
ジャンル:ラーメン
アクセス:東京メトロ東西線木場駅1番口 徒歩6分
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽3-15-3(地図
電話 : 03-6225-0646 


プロのためのラーメンの本 2
東京を代表する名店「ラーメン二郎」の経営哲学にも迫る!

拍手[0回]