忍者ブログ

東陽町ブログ

江東区での2020年オリンピックも決定し、豊洲と住吉を結ぶ地下鉄8号線の完成も間近!?そんな目覚ましい発展を遂げそうな東陽町のこと、いろいろ教えてください(^o^)

東京メトロ東西線 通勤電車「激混み緩和」にとった秘策とは

 1980年代には車両に人を押し込むための臨時バイトが雇われるほど混雑していた通勤電車だが、混雑率200%超が当たり前だった1990年代前半以降、幅広車両の導入や複々線化、労働者人口の減少などで各路線とも混雑が緩和されている。ところが、いまだ混雑率200%の区間を抱えているのが東京メトロ東西線だ(木場~門前仲町、国土交通省調べ)。慢性的な混雑に悩む東西線がとった対策について、ライターの小川裕夫氏がリポートする。

 ゴールデンウィークが終わり、電車に乗って会社に向かうダルい日常が戻ってきた。ゴールデンウィーク時のガラ空きの車内とは打って変わり、寿司詰め状態の満員電車は想像しただけでも不快指数は上がる。

――そんな満員電車も数年のうちに姿を消す。通勤ならぬ”痛勤”に苦しむサラリーマンには、にわかに信じがたい将来予測が出されている。その要因は、団塊世代の引退だ。通勤需要を支えてきた団塊の世代が定年退職すれば、当然ながら通勤需要は激減する。

 鉄道会社は通勤需要の減少で減収の危機に陥っている。それを補おうと、あの手この手で利用者の掘り起こしを始めている。

 各社の通勤需要が減少していくのを傍目に、東京メトロの東西線は堅調に通勤需要を伸ばしている。 

 東西線は1969(昭和44)年に全線が開業。西端は中野駅、東端は西船橋駅という東京を横断する30.8キロメートルの路線。中野駅から西へはJR中央・総武線で三鷹駅まで、西船橋駅から東へは東葉高速鉄道の東葉勝田台駅まで乗り入れている。

 開業前の東西線沿線は荒涼とした風景だったが、開業後は一変。江戸川区、千葉県浦安市・市川市はニューファミリー層を中心に人口が増え、東京のベッドタウンとして急速に発展した。

 これに拍車をかけたのが、1996(平成8)年に開業した東葉高速鉄道だ。東葉高速鉄道は東西線の西船橋駅から東葉勝田台駅まで直通する路線で、東西線同様に開業当時の沿線には民家が数えるほどしかなかった。

「東葉高速鉄道の建設費は約3000億円になりますが、開業当時の東葉高速鉄道は沿線の開発が進んでおらず、営業収入が見込めない状態でした。そのため、千葉県や船橋市、八千代市などの沿線自治体と東京メトロなどが第1次支援として1997年度から2007年度までの10年間に計220億円の出資と80億円の貸し付けをおこなっています。第1次支援終了後、引き続き第2次支援として次の10年間で総額300億円の出資をしました」(千葉県総合企画部交通計画課)

 沿線自治体などによる経営支援やニュータウン開発が進んだこともあって、東葉高速鉄道は5年連続で黒字を達成。内部留保も250億円を超えた。

「現在、東葉高速鉄道の1日の乗車人員は14万人を数えます。また、八千代緑が丘駅周辺のニュータウン開発も進んでおり、今後も沿線人口は増加することが見込まれています。今後10年、東葉高速鉄道の利用者はまだ増えると考えられます」(同前)

 東葉高速鉄道利用者の多くは、東京都心部に通うサラリーマンだ。東葉高速鉄道の沿線住民が増えれば、必然的に東西線の利用者も増加する。東京メトロにとって、東葉高速鉄道様様だろう。

 それでも、東京メトロにとって利用者が増える状況を手放しでは喜べない事情もある。なぜなら、東西線は利用者急増によって通勤ラッシュ時に慢性的な混雑に見舞われているからだ。

 今般、ラッシュ時間帯の混雑解消は鉄道会社が取り組まなければならない課題になっている。混雑は繁盛している証でもあるが、一方で遅延を引き起こす要因にもなる。だから鉄道会社は混雑を放置できない。

「国土交通省はピーク時の混雑率を基本的に180パーセント以下にするように鉄道会社に通達しています。混雑率を下げるには、列車の運転本数を増やすのがもっとも効果的ですが、東西線は運転本数をこれ以上増やすことができません。運転本数を増やすには、線路を増設するなどの大規模な工事が必要になります。

 東京メトロでは東西線の混雑対策として飯田橋駅-九段下駅間に折り返し線を建設中です。また、南砂町駅で線路・ホームの増設工事を進めています。これらが完成すれば、運転本数を増やすことができます。しかし、大規模工事なので時間がかかります。その間にも、混雑を放置するわけにはいきません」(東京メトロ広報部)

 東京メトロは乗り降りをスムーズにし、少しでも混雑緩和しようと東西線の車両にワイドドア車を導入するといった対策も講じている。それでも、東西線の混雑が改善する兆しは見えない。ハード面での対策を出し尽くした東京メトロは、2005(平成17)年から“早起きキャンペーン”というソフト対策を打ち出した。

 7月8日まで実施されている現在の「東西線早起きキャンペーン」は、PASMO、Suicaなどの交通系IC乗車券で東葉高速線東葉勝田台駅~東西線門前仲町駅で乗車し、東西線南砂町駅~落合駅までに降車、または乗換する人が対象だ。早めに設定された時間に駅に設置されている専用端末にIC乗車券をタッチするだけで、最高2万円の商品券またはクーポン券の抽選に応募できる。

「東西線は1日に136万人が乗降する路線ですが、”早起きキャンペーン”はいつもより早い時間帯に電車に乗ってもらうことでピークタイムの乗客を分散しようという意図があります。

 もともと、同キャンペーンは乗客が厚着になる冬シーズンに実施されていました。厚着だと、同じ乗客数でも車内が窮屈に感じるので、そうした不快感を緩和しようという狙いがあったのです。それが、昨年からは春にも実施するようになりました。春にも“早起きキャンペーン”を実施することにしたのは、新入生や新社会人にも早起きの習慣をつけてもらおうと考えたからです」(東京メトロ広報部)

 昨年実施された春と冬のキャンペーン参加者は、どちらも約1万5000人。いまだ“早起きキャンペーン”を知らない沿線在住者も多いが、「少しずつ沿線住民にも認知されるようになり、参加者は微増傾向にある」(同前)という。

 東京メトロは東京の都心部だけに路線を有しているので、“一人勝ち”の鉄道会社と形容されることもある。しかし、利用者が多ければ多いで、何かしら対策を求められる。贅沢な悩みと言われるかもしれないが、鉄道事業者の悩みは尽きない。(ガジェット通信)

 


時代と歩んだ国鉄列車 9 II

拍手[0回]

PR

自転車の女性 大型トラックにはねられ死亡

10日朝、東京・江東区で自転車で交差点を横断していた70代の女性が、大型トラックにはねられて死亡しました。

10日午前6時半ごろ、東京・江東区東陽6丁目の交差点で、近くに住む進藤久代さん(71)が自転車で横断中に左折してきた大型トラックにはねられました。進藤さんは自転車とともにトラックに200メートル余り引きずられ、病院に運ばれましたが全身を強く打ち、およそ1時間後に死亡しました。
現場は、東京メトロ東西線の東陽町駅から700メートルほど離れた信号のある交差点です。警視庁はトラックを運転していた会社員の鈴木一行容疑者(43)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替えて事故の詳しい状況を調べています。(NHK)


拍手[0回]


らぁ麺やまぐち 辣式の麻婆まぜそば

激辛な麻婆まぜそばが無性に食べたくなって、2度目のらぁ麺やまぐち 辣式。

お昼も14時だというのに満席、相変わらずの人気店です。
もっとも、それほど広い店内でもないので、すぐに席が埋まってしまうのも無理はないですね。

麻婆まぜそば。
パクチー山盛りのせ。

今回は、テーブルに置いてある花椒をたくさん振りかけてみました。

期待通りの激辛仕様になりました。
もちろん、舌がヒリヒリします。

 
東京都江東区 東陽4丁目6-3
電話:03-6458-6200


長期熟成させた四川豆板醤、香り高い四川山椒、
たっぷりの唐辛子を使用した、刺激的でほとばしる山椒の辛さ

拍手[0回]


東京メトロ東西線レールに亀裂

東京メトロ東西線東陽町駅(東京都江東区)で6日未明、レール1本に亀裂が見つかり、同日午後に茅場町−葛西間の運転を一時見合わせて交換作業をした。

11万6000人に影響した。

同社によると、6日午前3時半ごろ、点検作業中の社員が長さ約15センチの亀裂1カ所を発見、レール下に補強のための板を入れて沈み込みを防ぐ応急処置をした。

その後、亀裂が広がっているのが判明、緊急にレール交換することにした。(毎日新聞)

 


Nゲージ A3886 E231800番台
東西線 基本6両セット

拍手[0回]


東京メトロ東西線・東陽町駅で車線点検 一部で運転見合わせ

東京メトロ東西線の東陽町駅で6日午後3時58分ごろから線路点検が行われており、茅場町駅〜葛西駅間で運転が見合わせられている。

この影響で、東西線は中野駅〜茅場町駅間と葛西駅〜西船橋駅間で折り返し運転が行われている。東京メトロによると、運転再開は午後6時ごろを見込んでいる。

またこの影響で、JR中央・総武線の各駅停車は、東西線への直通運転(三鷹駅〜中野駅間)を中止している。(クリスチャントゥデイ)


東京メトロ東西線 発車メロディCollection

拍手[0回]


ステーキの志摩で生姜焼きとからあげ

GWも終了したのか、いちおうまだ続いているのか。
普段よりは少ないかもしれないサラリーマンの姿。

ということで、ステーキの志摩 東陽町店でランチ。

たしか、昨年の今日も来ましたね。
偶然ですが。

今回は生姜焼きとからあげのセットにしてみました。
生姜焼きもからあげも、どちらもジューシーで美味しかった。

 
東京都江東区南砂2丁目3−1



瀬戸内六穀豚 味噌漬け・生姜焼き

拍手[0回]


東京メトロ東陽町駅の新出口

先月に東陽町駅の新しい出口が出来ました。

永代通り沿いの深川郵便局の駐車場だったところ。



工事に取り掛かってから完成するまでの期間が、けっこう短かった気がします。
集中して工事したのでしょうか。

ホームの横に改札があって、そこから地上までエスカレーターで行ける点もいいですね。



ただし、残念な点は、西船橋方面のホームにしか行かれないところ。

日本橋方面に乗りたいと思って利用すると、ホームの端から一度改札階まで上がって、それから通路を歩いてから反対側のホームに降りなくてはなりません。

だからなのか、それとも明治さんや竹中工務店さんに通う方々には縁がない出口だからなのか、詳しいことはわかりませんが、まだあまり利用している人が少ない気がします。

朝のラッシュ時などはどうなのでしょうか。


プラレール S-58
東京メトロ東西線15000

拍手[1回]


モンシェール・ミホ 東陽町工場にマツコ・デラックスが。

人気タレントのマツコ・デラックスさんが、テレビ朝日「夜の巷を徘徊する」のロケで、モンシェール・ミホ 東陽町工場に現れました。

時期的にはまだ早い頃に、都内で夜桜を求めて徘徊していたそうです。

途中で24時間営業しているパン屋の存在を思い出したのだとか。

アポなしかアポなし風なのかわかりませんが、工場長と思しき方が、マツコ・デラックスさんに工場の内部も紹介していました。



はじめて見ました。

なんとなく嬉しいですね。
美味しさの理由もちょっとわかったような気がします。

本当に美味しいです。
ワインにもよく合いますよね。

そして、猛烈にまた食べたくなってきます。


マツコさんたちですが、そのあとは、豊住橋付近の桜を見に行ったりしてましたが、残念ながらまだ少ししか咲いていなかったようです。

モンシェール・ミホ 東陽町工場
東京都江東区東陽5-24-10
03-3615-5811 



モンシェール タマヨアサ
ロマネアスカ[ワイン]

拍手[1回]


ローソン江東区役所前店

東陽町駅のそば、三つ目通り沿いau隣に、またローソンが出来ました。

以前にもこのあたりにローソンがありましたよね。

向かいにはセブンイレブンが。


5月9日オープンみたいです。



拍手[0回]


東陽町にSUGISENビル現る!?

四つ目通りの東陽町駅付近の拡張工事に伴って、改築などが進められている地区に、また新たなビルが建てられました。

江東区役所の真向かい。
 
おそらく1階には何かの店舗が入るだろうと思いますが、とりあえず気になって通りがかるたびに眺めています。

1階のビルエントランス付近に、碇のオブジェが設置されました。
上にはSUGISEN Bldg.と書いてあります。

江東区常盤にあるシップインテリアショップ杉田船用品工業という会社の社長さんがオーナーなのでしょうか。

ということは、1階の店舗にはシップインテリアショップが?

船好きには気になるところですね。


地中海マリン風 イカリ型 掛け時計

拍手[1回]